はにわ社長のつぶやき

【ウイスキー入門編】モルト?バーボン?原材料の違い

calendar

reload

【ウイスキー入門編】モルト?バーボン?原材料の違い

ウイスキーは原料として使われる素材の種類によって、様々な呼び方がされています。

今回は、ウイスキーの原材料による分類を確認していきます。

モルトウイスキー

大麦麦芽(モルト)のみを原料にしたウイスキー。原料にピートを燻し、スモーキーな香りが特徴。

さらに、1つの蒸留所で造られたものをシングルモルトと呼びます。

グレーンウイスキー

大麦麦芽やとうもろこし、ライ麦、小麦などの穀物(グレーン)を原料にしたウイスキー。グレーンウイスキーはピートの香りをつけないのが特徴。

ブレンデッドウイスキー

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドさせたウイスキー。

バーボンウイスキー

とうもろこしを原料にしたウイスキー。ケンタッキー州バーボン郡で造られているウイスキーで、とうもろこしの原料を51%以上使用して造られています。

コーンウイスキー

とうもろこしを原料にしたウイスキー。こちらは、とうもろこしの原料を80%以上使用して造られています。

ライウイスキー

ライ麦を原料にしたウイスキー。ライ麦の原料を51%以上使用して造られています。

テネシーウイスキー

バーボンウイスキーに分類されるウイスキー。テネシー州で造られているウイスキーで、バーボンの原酒をテネシー産のサトウカエデの炭でろ過して造られています。