はにわ社長のつぶやき

バーボンウイスキーを紐解く【その2】

calendar

reload

バーボンウイスキーを紐解く【その2】

バーボンウイスキーの始まりについて書いていきます。

バーボンの生みの親とは

1789年、アメリカ・ケンタッキー州で初めて誕生しました。(日本は江戸時代くらいでしょうか。)

エライジャ・クレイグ牧師が作ったとされています。

そのためエライジャ・クレイグは「バーボンの父」と呼ばれています。

副業でバーボンが誕生した

クレイグ牧師は、牧師をしながら副業に目をつけたのが、ウイスキー作りでした。ウイスキーはアメリカで人気を集めていたお酒でした。

ある日ウイスキーを熟成させるときに、うっかり内側が焦げた樽の中に入れてしまいました。すると何年かしてから開けてみると、香りがすごく赤みがかった液体になっていました。

これがバーボンの誕生です。

これまでは熟成するときは焦げた樽は使われていませんでした。これを初めて行ったのがクレイグ牧師でした。

バーボンウイスキーを紐解く 【その3】