はにわ社長のつぶやき

赤ワインのブドウ品種とボディは一緒に覚えよう!

calendar

reload

赤ワインのブドウ品種とボディは一緒に覚えよう!

こんにちは、しょーた(@sy62526)です。

最近はどっぷりと赤ワインにハマっています。

先日、「タナ」という品種の赤ワインを飲みました。

今まで飲んだことのないタンニン強めのワインでしたね。

 

そこで赤ワインの品種(ブドウの種類)を調べてみました。

産地・ボディ(フル・ミディアム・ライト)と一緒に覚えておくとワインを更に楽しめます。

※産地は主な産地のみ記載しています。ですのでそこでしか作られていないということではありませんので注意してください。

※ボディは品種を混ぜることによってフル・ミディアムなど変わってきます。アルコール度数でも変わりますので主なボディを記載しています。

 

カベルネ・ソーヴィニヨン

ボディ:フル

赤ワインの品種で最も有名な品種です。

メルロー

ボディ:ミディアム

人気のある品種の一つです。

シラー(またはシラーズ)

ボディ:フル

オーストラリアではシラーズと呼ばれています。

ピノ・ノワール

ボディ:ミディアム

ほぼ単一品種でワインが作られます。ロマネコンティは最高級のワインです。

カベルネ・フラン

ボディ:ミディアム

カベルネ・ソーヴィニヨンの親

カリニャン

ボディ:フル

サンソー

ボディ:ミディアム

ロゼワインにも用いられます。南アフリカでは「エルミタージュ」と呼んでいました。

プティ・ヴェルド

ボディ:フル

ガメイ(またはガメ)

ボディ:ライト

ボジョレーヌーヴォーで有名な品種です。

ムニエ

産地:フランス

ボディ:ミディアム

シャンパンに用いられることが認められている品種です。

タナ

産地:フランス、ウルグアイ

ボディ:フル

ウルグアイのタナは「ウルタナ」とも呼ばれています。

テンプラニーリョ

産地:スペイン

ボディ:フル

スペインで最も有名な品種です。

ムールヴェードル

産地:スペイン

ボディ:フル

グルナッシュ

産地:スペイン、イタリア

ボディ:フル

グルナッシュはスペインでは「ガルナッチャ」、イタリアでは「カンノーナウ」と呼ばれています。

ネロ・ダヴォラ

産地:イタリアはシチリア島

ボディ:フル

シチリアで最高の赤ワイン用の品種です。

ネッビオーロ

産地:イタリア

ボディ:フル

バローロが有名です。

サンジョべーゼ

産地:イタリア

ボデイ:ミディアム

イタリアで最も有名な品種。

ネグロアマーロ

産地:イタリア

ボディ:ミディアム

バルベーラ

産地:イタリア

ボディ:ミディアム

サンジョベーゼの次に人気の品種です。

ジンファンデル

産地:アメリカ、イタリア

ボディ:フル

主にアメリカ カリフォルニア州で栽培されています。イタリアでは「プリミティーヴォ」と呼ばれています。

アギヨルギティコ

産地:ギリシャ

ボディ:フル

別名「ヘラクレスの血」とも呼ばれています。

クシノマヴロ

産地:ギリシャ

ボディ:フル

ギリシャでは最良の赤ワイン品種です。

ルビーカベルネ

産地:南アフリカ

ボディ:フル

ピノタージュ

産地:南アフリカ

ボディ:ミディアム

ピノノワールとサンソー(エルミタージュ)との交配で誕生しました。

マルベック

産地:アルゼンチン

ボディ:フル

フランスのカオール地区では「コー」と呼ばれています。黒ワインと言われるほどの濃い色素が特徴です。

カルメネール

産地:チリ

ボディ:フル

チリで一番人気の品種です。

ツヴァイゲルト

産地:オーストラリア

ボディ:フル

オーストラリアで一番人気の品種です。

ビジュノワール

産地:日本

ボディ:フル

山梨27号とマルベックの交配で誕生しました。

ブラッククイーン

産地:日本

ボディ:フル

日本固有の品種です。

ヤマ・ソービニオン

産地:日本

ボディ:ミディアム

山ブドウとカベルネ・ソーヴィニヨンの交配で誕生しました。

マスカット・ベリーA

産地:日本

ボディ:ライト

日本で一番赤ワインの品種として用いられています。

甲斐ノワール

産地:日本

ボディ:ミディアム

アルモノワール

産地:日本

ボディ:ミディアム

清見

産地:日本

ボディ:ミディアム

十勝ワインの代表です。

ヤマブドウ

産地:日本

ボディ:ライト

日本固有の品種です。

セイベル13053

産地:アメリカ、日本

グロロー

産地:フランス

本来は赤ワイン用の品種だったが現在ではロゼワイン用になっています。

まとめ

飲みたいワインを品種やボディで選べるようになるとますますワインを飲むことが楽しくなりますね。

しかし、飲みすぎには注意しましょう。笑

この記事をシェアする