はにわ社長のつぶやき

ワインラベルの表示ルールはどう変わる?(果実酒等の製法品質表示基準)

calendar

平成30年10月30日からワインラベルの表示ルールが変わります。

海外ではワインラベルに関する表示のルールが定められています。しかし近年日本でもワインに対する関心が高まっているにも関わらず、ワインラベルに関する表示ルールはありませんでした。

そのため、国産ブドウのみを原料とした「日本ワイン」と、輸入濃縮果実や輸入ワインを原料としたワインの違いが、ラベル表示だけでは分かりづらいという問題が出てきました。

そこで表示を分かりやすくするために公的なワインラベルの表示ルール(果実酒等の製法品質表示基準)が定められました。

「日本ワイン」の定義

「日本ワイン」とは、国内で収穫されたブドウのみを使用し、日本国内で製造された果実酒です。

国内製造ワイン(国内で製造された果実酒・甘味果実酒)
日本ワイン 海外原料使用ワイン
国産ブドウのみを原料とし、日本国内で製造された果実酒。ブドウ産地(収穫地)や品種等の表示が可能 濃縮果実等の海外原料を使用したワイン①表ラベルに濃縮果実使用、輸入ワイン使用などの表示を義務付け②表ラベルに、地名や品種等の表示ができない

国内製造ワイン以外は「輸入ワイン」になります。

ワインラベル表示から分かること

・日本ワインは裏ラベルに必ず「日本ワイン」と表示されています。表ラベルには任意で表示することができます。

・日本ワインのみ、①地名、②ブドウの品種名、③ブドウの収穫年を表示することができます。

・地名は、ブドウの収穫地又はワインの醸造地に限り表示することができます。これら以外の地名を表示することはできません。

・ブドウの品種名が表示されていれば、表示されたブドウ品種を85%以上使用していることが分かります。また、3種類以上のブドウ品種を表示する場合には、それぞれの使用割合を併記し、使用割合の合計が85%となるまで表示しなければなりません。

・ブドウの収穫年が記載されていれば、表示された収穫年に収穫したブドウの使用量が85%以上であることが分かります。

・海外原料使用ワインには、表ラベルに濃縮ブドウ果汁使用、輸入ワイン使用などと表示されています。

地名が表示されている場合の見方

①「山梨県産ブドウ使用」「長野シャルドネ」など、ブドウの産地の記載があれば、それはブドウの収穫地の表示です。

→地名が示す範囲内にブドウの収穫地(85%以上使用)がある。

②「北海道醸造」「醸造地:山形」など、ワインの醸造地について記載があれば、それはワインの醸造地の表示です。

→地名が示す範囲内に醸造地がある。

③「大阪」「滋賀ワイン」など、①②以外の記載があれば、それはワインの産地の表示です。

→地名が示す範囲内にブドウの収穫地(85%以上使用)と醸造地がある。

まとめ

日本国内でもたくさんワインが作られています。

ラベルに目を向けることでよりワインのことが好きになると思います。

日本ワインはラベルをよく見てみましょう。

この記事をシェアする