はにわ社長のつぶやき

ワインの格付け「グラン・クリュ」とは

calendar

reload

ワインの格付け「グラン・クリュ」とは

フランスのブルゴーニュワインの格付けは、どのように行われているのか。

確認していきましょう。

 

畑ごとに格付けする

 

ブルゴーニュの特徴は、ブドウ畑ごとに格付けすることです。

畑のことを「クリマ」と言います。

テロワール(土壌)の個性がワインの味に直結することから、このような格付けになったそうです。

 

クリマごとに異なる呼び方

 

「AOC」という言葉があります。

「AOC」とは、「アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ」を略したもので、「原産地呼称統制」という意味です。

各産地の法律によってワインの品質を維持し、各産地のワイン造りと個性を守っています。

格付けは、クリマごとに異なる「AOC」で呼ばれています。

 

グラン・クリュ(特級)

ブルゴーニュで最も格が高いのが「グラン・クリュ (特級)」です。

最高峰のブドウ畑のクリマです。

ラベルには、その「クリマ名」のみで表示します。

例えば、シャンベルタン、ロマネ・コンティ、モンラッシェなどのクリマ名が表示され、グラン・クリュという格付けが記されることもあります。

 

プルミエ・クリュ(第1級)

「プルミエ・クリュ(第1級)」は、村の中でも一級のクリマに格付けされたブドウ畑のことです。

ラベルには、その村の名前を表記し、その下に小さく「プルミエ・クリュ」と付けるか、「クリマ名」を付けます。

 

村名AOC

上記の二つには所属しない良質なワインです。

同じ村のクリマでとれたブドウを使ってつくるワイン。

同じ村の範囲であればブレンドしてもいいが、他の村との混合は許されません。

 

地域名AOC

上記の三つを除く広範囲を指します。

ブルゴーニュ全域を指す場合と特定の地域に限定したものがあります。

 

まとめ

 

ブルゴーニュワインも様々な種類があります。

ブルゴーニュワインの格付けを知れば、より一層楽しくワインを飲めるような気がします。

(たぶん私だけでしょうか。。笑)

 

 

この記事をシェアする