はにわ社長のつぶやき

ガンダムにはまった意味を考える。

calendar

reload

ガンダムにはまった意味を考える。

私は、いつの間にかガンダムにはまっていました。「面白い」、「モビルスーツがかっこいい」、「ランバラルが渋い」など思うところはありますが、そもそもガンダムを観ようと思ったきっかけを考えてみました。

初めて知ったのは小学生時代

この当時、ゲームボーイが流行りで、ゲームソフトに「スーパーロボット大戦」というゲームソフトがありました。

スーパーロボット大戦とは、マジンガーZやガンダムなどいろいろなロボットが集結し、地球の平和を守るシミュレーションRPGです。(かなりざっくり言いました。。)

そのゲームを友達から借りて遊んでいました。Gガンダム(ゴットガンダム)が強かった思い出があります。

中学時代。「スーパーロボット大戦α」にハマる

このゲームではストーリーがしっかりしていて、ガンダムやZガンダムなどのストーリーも断片的ですが、わかってくるようになりました。ガンダムには、幾つもの作品があることを、この時に知りました。

かなりハマりました。ガンダムデスサイズが好きでした。(今も好きです。)

ついに観た!大学時代!

19歳か20歳だったと思います。初めて「機動戦士ガンダム」を観ました。最初にレンタルショップでDVDを3巻借りました。観入ってしまい、1日で観てしまいました。ここから「Zガンダム」→「ZZガンダム」→「逆襲のシャア」と続き、「08小隊」、「ポケットの中の戦争」、「スターダストメモリー」、「Gガンダム」、「ガンダムX」など大学時代に観ました。

まとめ

やはりガンダム作品全てですが、キャラクターの作りがしっかりしていると思います。特におじさんタイプでかっこいいキャラが多い気もします。(機動戦士ガンダムでブライトさんが、19歳と知った時は衝撃でした。)

今はオリジンのルウム編が楽しみです。

ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ】