はにわ社長のつぶやき

2022年、不動産の価格が下落するかもしれない!

calendar

reload

2022年、不動産の価格が下落するかもしれない!

2022年に都市圏の農地の一部が売りに出されて、多くの住宅が建築され、不動産の価格が下落する恐れがある、という問題です。

なぜ2022年なのか

1974年に都市(田舎でない)にある農地の宅地化(家など建てるための土地など)を促す法律ができました。

その後1992年に改正され、生産緑地制度ができました。

生産緑地とは、簡単に言えば、指定を受けた土地は建物など建てずに、農地として活用してください。ということです。

1992年の改正により、生産緑地の指定から30年経過すると、所有者が農業をする意志がない場合は、土地の買取を申し出ることが可能になります。よって2022年になります。

まとめ

不動産を購入しようと考えてる場合は、2022年まで待って購入する事も考えたほうが良いかもしれません。

不動産の所在地によりますので、検討が必要です。