はにわ社長のつぶやき

絶対にほしくなる陶器!丹波焼にハマりました

calendar

reload

絶対にほしくなる陶器!丹波焼にハマりました

先日妻と丹波篠山にある「陶の郷」に行ってきました。

とても楽しめましたので、是非行ってみてください。

 

なぜ、「陶の郷」に行こうと思ったのか

 

私たち夫婦がよく行く料理屋さんで、丹波焼の器を使っていたことがきっかけです。

いつも「この器オシャレやなー」「この器珍しいな」と思っていました。

なかなか料理を食べているときに、器に目がいくことは少ないと思います。

ただ、この丹波焼の器は違います。

器の主張がすごくです。いい意味で。笑

料理もですが、器も楽しめるようになりました。

そんなときに大将に教えてもらったのが「陶の郷」でした。

 

丹波焼とは

 

丹波焼は「日本六古窯」の一つです。

他には瀬戸、常滑、信楽、備前、越前があります。

とても歴史が長く、国の伝統的工芸品指定を受けています。

 

丹波焼を堪能するなら「陶の郷」に行くべし

 

丹波焼に興味があれば、まずは「陶の郷」です。

私も料理屋の大将に聞きましたが、丹波篠山にはすごい数の窯元(丹波焼を造っているところ)があります。

正直、どこに行けばいいのかわかりません。

「陶の郷」は窯元が集まって器を展示、販売しているところです。

どの窯元の器なのかが一目でわかります。

ここで気に入った器をみつけて、その窯元に行くという流れが一番良いと思います。

 

丹文窯

 

私がすごく気に入ったのが、丹文窯の器です。

ここの器が、私たち夫婦がよく行く料理屋さんで使われている器です。

すごくハマりました。

夫婦で持つと良い器だなと思いました。

色合いがとても好きですね。

こんな感じです。

これはパン皿として使っています。

他にもコップやお茶碗など、いろいろな種類がありました。

 

まとめ

 

次回は陶芸教室にもチャレンジしようかと思います。

まだまだ奥が深い「丹波焼」です。

またひとつ楽しみができました。