はにわ社長のつぶやき

フェルナンドトーレス、J1サガン鳥栖入りが消滅か

calendar

reload

フェルナンドトーレス、J1サガン鳥栖入りが消滅か

元スペイン代表 フェルナンドトーレスとサガン鳥栖との契約が破談になったとのこと。

スペイン代表 アンドレス・イニエスタに続いて、2人目の2010年南アフリカW杯優勝メンバーで、Jリーグ入りを願っていたのですが。。

しかし、最近のJリーグは、ほんとに選手獲得に力を入れていますね。

 

交渉は大筋合意だったのだが

 

Aマドリードを退団するトーレスにオファー。

金銭面での交渉やその他のクラブ(アメリカや中国)からも獲得に乗り出し、争奪戦が繰り広げられていました。

しかし、最終合意は鳥栖が制した格好になりました。

年俸は約8億円!

ここまではつい先日まで報道されていました。

 

なぜ破談になったのか、、残念でなりません。

 

今後のJリーグに期待しましょう!

 

トーレスの移籍はダメでしたが、イニエスタなどのビッグプレイヤーの試合を間近で見ることができるのは、とてもうれしいです。

また、イニエスタはヴィッセル神戸に入団しますが、神戸には元ドイツ代表 ルーカス・ポドルスキもいており、この二人のプレーも見ものですね。

(ポドルスキは今ケガのため調整中ですが。)

 

まとめ

 

ワールドカップ決勝トーナメントでは、日本代表が惜しくもベルギー代表に負けてしまいました。

試合内容はとてもよく、これからの日本代表の前進につながる内容だったと思います。

これを機会にJリーグももっと盛り上がってほしいですね。