はにわ社長のつぶやき

2018年から配偶者控除が改正!高所得者は増税!

calendar

reload

2018年から配偶者控除が改正!高所得者は増税!

2018年から配偶者控除が改正されます。(ここではわかりやすいように給与所得者を夫、配偶者を妻として記載します。)

配偶者控除は、妻のパートなどの合計所得により、夫の所得から最高38万円の控除を受けることができる制度です。

今までパートなどで働く人にとっては「年収の壁」も変わってきます。

給与所得者(夫)の合計所得が1,000万円を超える場合は、配偶者控除の適用はなし!

今までは夫の所得については、給与所得がいくらであっても問題ではありませんでした。

しかし、2018年からは給与所得が1,000万円を超えると受けることができなくなります。

また、給与所得が900万円超~950万円以下と950万円超~1,000円以下についても、満額の38万円の控除はできなくなります。

パートでどのくらい収入があればいいか

改正前だと38万円の控除を受けるなら、妻の収入が103万円までだと受けることができました。

改正後だと妻の収入が150万円であっても38万円の控除を受けることができるようになります。

より多く働くことができるようになります。

社会保険には要注意!130万円の壁

一見、妻が150万円まで働けると思ってしまいますが、これはあくまで所得税の配偶者控除の話です。

社会保険は130万円以上になってしまうと、その働いている会社で社会保険に自ら加入しなければなりません。

夫の被扶養者でなくなるということです。

まとめ

配偶者控除を考えるときには、所得税と社会保険についてよく考えなければなりません。

多く働いているのに手許に残るお金は少なくなってしまう場合も考えられます。