はにわ社長のつぶやき

小規模企業共済。フリーランスや中小企業経営者の退職金

calendar

reload

小規模企業共済。フリーランスや中小企業経営者の退職金

フリーランスや中小企業の経営者でも退職金を積み立てつつ、節税できる制度があります。

小規模企業共済とは

小規模企業共済は、国の制度であり、毎月の掛金と受け取り金が節税になります。

毎月の掛金は全額が個人の経費になります。上限は月7万円、年間84万円までです。

受け取り金は退職所得控除があります。給与所得控除よりも優遇されています。

メリット・デメリット

メリット

・掛金が所得控除でき節税になる。

・退職金を用意できる。

・退職金の受け取り時も優遇されている。

・契約者貸付制度がある。
掛金の範囲内で貸付を受けることができる。

デメリット

・20年以上掛け続けないと退職金が元本割れする。
ただし、事業廃止や、加入者の死亡の場合は元本100%戻ってくる。

・1年未満で解約すると掛金は切り捨てされる。

まとめ

フリーランスや中小企業の経営者にとって小規模企業共済は、ほぼメリットしかないと言えます。早めに加入しておくことをおすすめします。