はにわ社長のつぶやき

仮想通貨の評価損の損金算入は不可

calendar

reload

仮想通貨の評価損の損金算入は不可

仮想通貨利用者(法人)が保有する仮想通貨の価格の大幅な下落による評価損について、評価損として計上してもよいのかどうか迷うところです。

 

会計上は計上する

 

法人が保有する仮想通貨の期末処理については、「活発な市場」が存在するかどうかによって、処理が異なります。

活発な市場が存在する仮想通貨については、市場価格に基づく価額をもって仮想通貨の貸借対照表価額とし、帳簿価額との差額は当期の損益として計上します。

活発な市場が存在しない仮想通貨については、取得原価をもって貸借対照表価額とし、期末における処分見込額が取得原価を下回っている場合には、処分見込価額をもって貸借対照表価額とし、取得原価と処分見込価額との差額は当期の損失として計上します。

活発な市場が存在する場合とは、「継続的に価格情報が提供される程度に仮想通貨取引所または仮想通貨販売所において十分な数量および頻度で取引が行われている場合」をいう。とあります。

ほとんどの仮想通貨が、活発な市場が存在する場合に該当するのではないかと思います。

 

税務上は計上できない

 

法人が保有する仮想通貨の評価換えをして帳簿価額を増額または減額した場合には、増額または減額した評価損益は、原則として益金の額または損金の額に算入されません。

しかし、一定の事由に該当する場合には、益金算入または損金算入が認められています。

評価益の益金算入が認められる場合

・更生計画認可の決定があった場合等

評価損の損金算入が認められる場合

・物損等の事実が生じた場合

・法的整理の事実や更生計画認可の決定など行っていの事実が生じた場合等

 

まとめ

 

仮想通貨の評価損益は、法的整理などの特別な事情がある場合以外は、仮想通貨の保有の段階では計上せずに、譲渡時に計上することです。

まだまだ曖昧な部分ありますが、1日も早く法整備して欲しいですね。

仮想通貨を積み立てするなら「Zaif

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」