はにわ社長のつぶやき

【ウイスキー入門編】お酒の種類 

calendar

reload

【ウイスキー入門編】お酒の種類 

私はお酒が好きで、よくウイスキーを飲みます。特に好きなのがバーボンウイスキーです。

そこで、ウイスキーの入門編として、これから数回に分けて掲載していきたいと思います。

ウイスキーとは何か

簡単に言うと、蒸留酒の一つで穀物類を糖化させたあと、発酵させ、蒸留し樽の中で熟成させたお酒です。

ウイスキーの琥珀色は、この樽熟成をさせているからです。

「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3種類ある

お酒は製造方法によって3種類に分けられます。

1.醸造酒

醸造酒とは、穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させたお酒です。

醸造酒には、大麦を主な原料とする「ビール」、ブドウを原料とする「ワイン」、米を原料とする「日本酒」などがあります。

醸造酒のアルコール度数は、最高で20度程度です。

2.蒸留酒

蒸留酒とは、原料を発酵させて醸造酒をさらに蒸留して造るお酒です。

蒸留酒には、ビールを蒸留した「ウイスキー」、ワインを蒸留した「ブランデー」、日本酒を蒸留した「焼酎」などがあります。このほかにも、ウォッカ、テキーラ、ジン、ラム、泡盛などがあります。

お酒を加熱し、蒸気を冷やして液体にすることで、アルコール度数は醸造酒よりも高いです。

3.混成酒

混成酒とは、醸造酒や蒸留酒に果実や香料、糖分などを加えたお酒です。

混成酒には、「梅酒」「リキュール」「みりん」などがあります。

混成酒のアルコール度数は、元となるお酒の種類によって異なります。