はにわ社長のつぶやき

【ウイスキー入門編】世界5大ウイスキー

calendar

reload

【ウイスキー入門編】世界5大ウイスキー

ウイスキーは、たくさんの種類があります。

ウイスキーは、生産国の分類と原材料の分類ができます。今回は、生産国の分類で確認していきます。

代表的な生産国は5か国あります。

スコッチウイスキー

スコットランドのウイスキー。一番聞くことが多い名前ではないでしょうか。

ジャパニーズウイスキーの見本となったウイスキーです。ピート(泥炭)によるスモーキーかつフレーバーが特徴です。

Dewar’s(デュワーズ)が飲みやすく、おすすめです。

アイリッシュウイスキー

アイルランドのウイスキー。ウイスキーを始めて飲むなら、アイリッシュがおすすめです。軽快かつまろやかさが特徴です。

BUSHMILLS(ブッシュミルズ)、JAMESON(ジェムソン)などが有名です。

アメリカンウイスキー

アメリカのウイスキー。熟成させるときに、オーク(樫)樽の内側を焦がした樽を使用しています。そのため、色合いや香りの個性が強くなるのが特徴です。

ELIJAHCRAIG(エライジャクレイグ)は、私が一番好きなウイスキーです。

カナディアンウイスキー

カナダのウイスキー。ライ麦の香りと軽い口当たりです。癖もそこまでなく、飲みやすいのが特徴です。

CanadianClub(カナディアンクラブ)が有名です。

ジャパニーズウイスキー

日本のウイスキー。香りを抑えて、まろやかなコクが特徴です。日本でも様々なウイスキーが製造されています。

山崎(ヤマザキ)や、竹鶴(タケツル)、響(ヒビキ)などよく目にすることがあると思います。